2006年04月23日

新入社員研修 期間?

今日から、新カテゴリ新入社員の内容充実に取り組みたいと思います。
4/17(月)付日経新聞のクイックサーベイ面から引用します。

最初は新入社員教育の期間とどれくらいが望ましいのかについて取り上げてみます。

4月入社の新入社員が職場に配属される時期になった。学生から社会人への架け橋となるのは新入社員研修だが、その形態や内容は企業や部署によって千差万別。研修に効果がなければ困るのは新入社員だけではない。企業も受け入れ職場も打撃を受ける。どんな研修が望ましいのか。

企業はどの程度の期間で新入社員研修を実施しているのか。今回の調査では答えは広く分散した。

「1週間以内」「2ー3週間」「1ヶ月」「2ー3ヶ月」がそれぞれ20%台で並ぶ。

「6ヶ月以上」という長期研修も20人に1人以上の割合であった。

「まったくない」もほぼ同数あった。

それほど新入社員研修は会社によって異なるが「研修は必要か」という問いには「必要」「どちらかといえば必要」が合わせて95.0%と研修自体への評価は定着している。
期間については、現状と同様に意見が分かれたが、「2ー3週間」「1ヶ月」が多数派。
このあたりが「基礎を身につけ、できるだけ早く職場に」という社内の声の最大公約数といえそうだ。

私も今年、数社の社員研修にお邪魔したが、研修期間はほとんど1週間が多かった。ある大手企業では1ヶ月半というところがあった。基礎研修に1ヶ月、それから専門分野への研修半月あてているらしい。

では実際どんな研修が行なわれているのだろう。次回取り上げてみます。
posted by のっぽさん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16961710

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。