2006年05月03日

06フレッシュマン いまどきの研修事情2

日本HPでは入社式で新入社員一人一人が会場前方に立ち、役員のいる前で決意表明をする。

「8年以内にHPでトップの営業マンになります!」

「世界に通用するエンジニアになります!」

表明後に一人ずつ社員証を渡され、正真正銘のHP社員なる。

会社の思惑は?

「しゃべることはコミットメント(必達目標)になる」(山田本部長)と意義を語る。

入社式で壇上に立った馬場真副社長は「学生時代は学んだ範囲で0点から100点の評価しかない。だが社会では『勉強していないからできない』では通じない」と檄を飛ばした。未知の仕事にも対応できるチャレンジ精神が社会では必要だと新入社員に伝えたかったからだ。

「新しい技術を生み出し手、社会に貢献していきたい」と技術職で入社した大田絢子さん(22)は意気込む。志は高い新入社員。後は「恥を恐れず発言することで、物事を見る視野を広げてほしい」(安川氏)

posted by のっぽさん at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17348088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。