2006年09月22日

会社における「ジンザイ」とは? その1

皆さんは、定期的に読む雑誌がありますか?本

ファッション誌、車など趣味の雑誌でしょうか?

私は、仕事柄でしょうか?必ずビジネス情報誌を欠かさず見ます。

その中に、「BIG tomorrow」があります。


表題はこの雑誌に出ていたものです。

実は「ジンザイ」にもいろんな「ジンザイ」があるという話題です


この記事は、市場化価値測定研究所代表の藤田聰氏によるものです。

私は、この「ジンザイ」のとらえ方にとても刺激を受けたので、引用させていただきたいと思います。

(ジンザイのとらえ方)

会社組織には「2:6:2の法則」があり、会社が必要とするのは、上位2割の人間。これがいわゆる「出世組」というもの。

(その内訳は?)

1、「人財」…会社の宝!全体の4%

・自分なりの価値観、ビジョン、行動計画を持つ「人財」。最も会社が必要 としているが希少。

2、「人材」…会社が必要としてくれる人!
    
・社内でリーダー的役割を求められる「人材」。出世するには、このカテゴ リに入らなければならない。

3、「人在」…とりあえずいてくれればOK! 
    
・一般的な社員。自発性はないものの、上司の指示通りに動く。役職で言え ば、平社員〜主任レベルか。

4、「人済」…もう終わっている人!
    
・自発性・スキル・モチベーションに欠ける存在。社内では終わった存在。 万年平社員レベル。

5、「人罪」…会社のゴミ!全体の4%
    
・リストラ候補ともいえる、困った存在。それが「人罪」だ。会社もクビを 切りたがっている?


上位2割とは、「人財」と「人材」になる。

「2:6:2の法則」6は「人在」、2は「人済」と「人罪」となる。

決して最後の人済と人罪にはなりたくありませんね。

上位2割に入る人には実は共通項があるようです。それは何でしょう??

次回ご紹介します。



posted by のっぽさん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ファッション
Excerpt: ファッションに関連するブログを集めてみました....
Weblog: キーワードマーケティング実験室
Tracked: 2006-09-28 06:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。