2006年12月12日

内定後対策(外食・小売り業界)

外食代表 

ワタミ(人材開発部長 笠井聖司さん)


ワタミの取り組み

内定者の中から希望者に1ヶ月間のインターンシップに参加させている。


内容

外食から農業、介護まで幅広く事業を展開しているだけに実施内容は居酒屋での店員を経験したり、グループ会社のワタミファーム(東京・大田)の北海道農場ではレタスや大根など野菜を実際に栽培するなど様々。


求めるもの

新メニューを考えさせたり、調査をもとに次に首都圏のどの地区で出店すべきかを提案させており「実務の中から、学生にハードルの設定の仕方、それを越える方法を学んでもらう」


内定後対策

様々な店舗をのぞいたり、実際に買い物したりすることは簡単にできる。そこから一歩進めて、自分ならどうメニューや店舗を改善するかを考える習慣をつけておくことが役立つ。
posted by のっぽさん at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29475101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。