2006年12月12日

内定者に役立つ7か条

これまで各業界を代表する人事担当者に内定後の取り組み方について教えてもらうことができました。

大切な点を7つにまとめてくれていますのでご紹介します。



@入社先のインターンシップに参加する

会社の業務を知ることができ、仕事の苦労ややりがいを体験できる


A計画をもとに行動する習慣をつける

身近なところでは、卒業旅行の計画作りから着手する


B語学を勉強する

英語や中国語のニーズが高い。これまでの勉強の復習も有効


C日本文化を体験する

グローバル化の時代、日本について語れれば、将来の商談もスムーズに

 
D生活のリズムを整える

昼過ぎまで寝ているようでは困りもの。徐々に朝型に変えるべき


Eアルバイトに取り組むべき

アルバイト先でも経営の視点を持つことが大事。様々な業界を体験したい


F会社のイベントに参加する

文化事業などを見ておけば、会社への愛着もわく



以上7か条を内定をもらった学生は残り5ヶ月少々になりましたが実践することによってスムーズに会社になじめるようにすることができるでしょう。

後5ヵ月後からは08年入社組みにも内定が出始めます。今回のシリーズで提案されたことを意識して内定後を充実させよう!!

posted by のっぽさん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 新入社員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

動画のパワー
Excerpt: ミクシィ:動画投稿機能を07年3月までに導入方針  インターネットで会員同士が交流するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手「ミクシィ」の笠原健治社長は、毎日新聞のインタビューに応..
Weblog: 就活ビジョンセミナー開催情報&就職活動必須アイテム    「ムービー履歴書」制作情報
Tracked: 2006-12-15 11:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。