2007年01月06日

リクルートスーツの選び方

1/6日経プラス1から引用本

まだ正月気分も残る1月上旬から、2008年春の入社に向けた就職活動が熱気を帯びてくる。
その中で就活生に欠かせないアイテムにリクルートスーツがある。


プラス1で特集が組まれていた。

1着29000〜79000円と幅広いアイテムが紹介されいた。

五大陸・ダーバン・T.M.G.N(青山商事)・マジマジ(AOKI)・ワンズ・スタイル・イン・ウ”オーグ(コナカ)・ネロ(はるやま)


では、選ぶポイントとして何を考えておけばいいのだろうか。


@長い活動期間に備えて、2着以上購入できるよう予算を組もう

A繰り返し着てもくたびれにくい機能素材を選ぼう

Bコートや厚手素材のスーツで、防寒対策も忘れずに



目利きのひと言
リクナビ編集長の前川孝雄氏

相手に不快感を与えない服装という基本原則を守ることが重要だ。その上で機能性が高く、長く使える商品を見極めてほしい。しっかりした素材で形状記憶機能のついたスーツやシャツなら、面接でだらしない印象を与えるのを避けると同時に、アイロンがけの手間も省くことができる。靴はとにかく疲れにくいこと。軽くて底の丈夫なものを選らぼう。
posted by のっぽさん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。