2007年01月11日

就活初期時点 志望希望ランキング

学生の就職支援を手掛けるgusiness(ギジネス、東京・港、園田雅江社長)の調査によって、就職活動初期時点での学生の志望企業ランキングが発表された。

調査の仕方

就職活動初期時点で調査するのは初めて。インターネットを通じて11月15日から12月15日にかけて実施、就職活動中の全国の大学生3年生2610人から回答を得た


1位 全日本空輸
2位 電通
3位 資生堂

4位 みずほフィナンシャルグループ
5位 サントリー
6位 三菱東京UFJ銀行
6位 フジテレビジョン
8位 三菱商事
9位 野村総合研究所
10位 NTTドコモ


調査からわかったこと

@一時期は人気が高かったIT(情報技術)分野のベンチャー企業は50位以内に一社も入っておらず、学生の大手・有名企業志向の強さを裏付ける結果となった。

A上場企業だけで3000社を超えるが、学生が志望先に選んだ企業は614社だった。大手企業がバブル期並みに採用枠を広げることが影響していると見られる。

Bもちろん就職活動を始めたばかりの時点の結果のなので志望企業ランキングの内容が大幅に変わる可能性は高い。
posted by のっぽさん at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。