2007年01月31日

企業内大学広がる

日経産業新聞1/31から引用

企業が社員教育のため多数の講座を設置し、社員がそれを選択して受講する”企業内大学”が広がり始めた。

社員が自分の目標や都合に合わせてスケジュールを組み立てられるのが特徴だ。社員の学習意欲を刺激することで、研修の成果を高めることが狙いだ。最近では社員全員を対象にしてスキルアップにつなげようとする企業も目立っている。

電子・機械部品商社のアールエスコンポーネンツ(RSコンポ)ではほぼ毎日「講義」が行われ、約150人の社員の多くが「学習」に励んでいる。同社が2005年4月に設置した企業内大学「RSユニバーシティ」だ。


詳細は次回取り上げます。


(のっぽコメント)
「人財教育は経費ではなく、投資である」

まさにこうした企業が増えているというニュースは新鮮ですし、何か羨ましい気もします。
posted by のっぽさん at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。