2006年12月29日

NO54:争奪’三菱重工業 2

今年の採用戦線を振り返ると?

「07年春入社の新卒採用も当初計画は06年春実績(919人)を大幅に上回る1232人で、実際の内定者数は1306人だった。売り手市場で内定を出した学生が迷う傾向があり、今年は少し歩留まりを考えた。ただ現時点で辞退者は出ていない」


売り手市場の中での採用増。優秀な学生の確保は容易ではない?

「08年春入社の採用活動も厳しくなる。今までのような受け身の姿勢では難しい。今月は東京・品川の本社近くで『MHIアリーナ』と題した就職セミナーを単独開催した。大阪でも開く。例年は2月のセミナーが始まりだったが、年明けを待って入られない


のっぽコメント

この特集は採用の中身が知れて分かりやすいですよね。三菱重工業という大手であってもこうした策を講じて採用戦線を戦っている様子は他社にとっても刺激になるでしょうし、当の就活学生にも開かれた採用情報となっているに違いありません。

以前にも書きましたが、同じ会社に行かなくとも多岐にわたる企業の採用傾向が垣間見れますから参考にしたいですね。




posted by のっぽさん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社説明会「のんびり増加」

12/27日経新聞から引用

2008年春卒業予定の学生の就職活動が前年より遅れている。

採用コンサルティングのレジェンダ・コーポレーション(東京・新宿、藤波達雄社長)が会社説明会に対する学生の参加申込状況を調べたところ、11月中旬時点での申込数は前年同時期を16%下回った。


特に建設・住宅・不動産や百貨店・スーパー・専門店などでの出足の遅さが目立つという。

このまますいすると地方都市に出向いて開催するなどの対応を迫られそうだ。


のっぽコメント

こうした遅れに便乗する必要は全くありません。地方都市にも大手企業が説明会に訪れる可能性も高まりますのでアンテナ張っておきましょうね。


posted by のっぽさん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

NO53:争奪’三菱重工業 1

08年春入社の新卒採用方針は?

「採用数は07年春入社と同程度かやや多い水準になるだろう。中期計画では、原動機や航空機など成長事業育成のために採用数の拡大を掲げた。造船不況などで従業員はこの30年間は減少が続いており、明らかな方向転換だ」


今年の採用活動はSF特撮人形劇「サンダーバード」の乗り物や基地を一括受注したという設定の短編映画を取り入れ話題を呼んだ。

「来年も使う。三菱重工の仕事を理解してもらう道具として役立った。学生が当社の製品を買うことはまずない。社名は知っていてもどんな会社がイメージしにくい。映画で社会のインフラ作りにチームで取り組む仕事の成り立ちを理解してもらった」


ものづくり企業の魅力が薄れているという危機感からか?

「そうではない。確かに最近は製造業の収益ランキングなどで上位に名前が出てこないことが多く、学生に与える印象は相対的に見て弱いかもしれない。学生はイメージや特定の情報に流されやすい。だが会社の魅力が劣るとは思わない。セミナーで対話を重ねる中でも、ものづくりや仕事のやりがいがわかってくる学生は多い」


のっぽコメント

何をしているか分からない。その企業の製品を学生が買うことはまずない。これは確かにデメリットですよね。

そういう企業だからこそ学生への自社のアピールの仕方にはこだわっているのかもしれません。それだけ、学生への心入れも深い企業といえるかもしれませんね。



posted by のっぽさん at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

日本精工(番外編)

就職四季報情報!!


採用プロセス

エントリー(11〜3月)次項有会社説明会(3月)次項有面接3回・筆記2回(4月)次項有内々定(4月下旬)

面接・筆記

筆記:正解率7割以上

面接:自分の考えを論理的に説明出来るか。自立型人間であるか。



大卒初任給

205,000円次項有328,800円(30歳賃金)



posted by のっぽさん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ぎっくり腰に…痛!!

皆さん元気ですかexclamation&question

町も元気を取り戻す時期ですが・・・。

私はというと23日朝に”ぎっくり腰”になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

もともと”のっぽ”と自分を語っている通り身長が182センチあるので腰には気をつけていたんですが、とうとうやっちゃいました。ふらふら

しかし、偶然にも前日奥さんが出産に伴う骨盤矯正のため良い接骨院さんを友達から紹介してもらい治療をしたこともあり、その接骨院に電話をしたら、快く治療をしてくださいました。

その治療に要した時間はたったの15分!!

さっきまで痛みで足をひこずって歩いていたのにかなり楽に・・・そして翌日にはほとんど痛みが取れていたのです。

接骨院さん!さすがだな〜と思いました。


でも無理をするとまた痛みが出てくるので、今日もこれから時間を取って治療に行ってきます。

年の瀬も近づいていますから、皆さん体には気をつけてくださいねグッド(上向き矢印)

説得力に欠けるけど
posted by のっぽさん at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

NO52:争奪’日本精工(最終回)

2008年春入社の採用方針は?

「事業規模の拡大やグローバル化を受け、採用計画も強気に立てた。事務系を45人、技術系では115人を採用したい。直近で底を打った03年に比べると2.5倍に増やした。特に開発案件が増大しているため、技術系の人材確保には力を入れる」


グローバル展開への対応は?

27ヶ国に216の拠点を持ち海外には本体だけでも310人が駐在している。年50〜60人は交代がある。今後は20代から積極的に海外駐在の経験を積ませたい。秋には留学生フェアに参加しているほか、日本の大学を卒業する外国人も毎年数人は採用している」

「グローバル企業であることはプラスイメージなので、積極的にアピールしている。女性は語学力に優れ海外勤務を希望する人も多いので、積極的に採用したい。今回は女性が15人と過去最高数だった。今後も増やしたい」


今後の取り組みは?

「各社合同による会社説明会へ参加する回数を増やす。昨年は3回だったが、来年は8回を計画している。07年春入社の採用から、高等専門学校卒向けで従来の東京・大阪に加え、福岡でも説明会と一次、二次面接を実施した。今後も交通費や時間などの学生の負担を軽くして、受験の機会を増やす」


聞き手のまとめ

@内定者へのフォローで辞退率を下げる
A08年入社計画は氷河期時の2.5倍
B自動車部品の拡大で中途採用にも力
posted by のっぽさん at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO:51争奪’日本精工 1

新卒採用ではいろいろ工夫している?

ベアリング(軸受け)国内最大手だが、最終製品ではないため、学生の認知度は低い。これを補う丁寧な対応を心がけている。特に面接を重視している。3回ある面接はすべてひとりの学生に複数の担当者が対応する。従来はグループ面接だったが、昨年から現行の方式に切り替えた。コミュニケーション能力や執着心があるかを特にみている


内定者のフォローにも力を入れる?

「中堅から若手までを動員して内定者向けの懇談かを開いている。技術系の自由応募は大学推薦に比べて辞退率が高かった。内定後のフォローが功を奏したのか、昨年は7割だった辞退率が今年は5割まで低下した」


のっぽコメント

目に見えない部分を扱う企業は、知名度・認知度の問題を必ず持っていますよね。車一台にしても係わっている企業はかなりあることは容易に想像が付きます。

地味だけど堅実な経営力は持っている企業がこうした製品を扱っている所では多いのかもしれません?

日本精工もその一つでしょうか?

次回は実際の採用について取り上げます。
posted by のっぽさん at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

コニカミノルタホールディングス(番外編)

最近、就職四季報08年版を購入しました。

そこには各企業の採用において重視していることや年収など細かい記述があり、情報収集には便利です。


ちなみに、コニカミノルタはどんな情報提供がされているでしょうか。


採用プロセス

エントリー(10月)次項有セミナー(2月)次項有筆記・適正・面談(2〜3回 4月)次項有内々定(4月〜)


面接では

志望動機・積極性・コミュニケーション力を問われるようです。


大卒初任給は

201,400円次項有333,500円(30歳賃金)

注意事項

07年9月までにグループ人員の約1割にあたる3,700人の人員削減を行う
posted by のっぽさん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO50:争奪’コニカミノルタホールディングス (最終回)

売り手市場と言われる中、目に見えた変化はあったか?

自由応募が学校推薦を初めて上回った。技術系は推薦による応募が多く、その分、辞退者も少なかったが、今回は学生が選ぶ立場になり、かなり悩んだ人が多かったと思う。従来以上に会社の中身を見るようになったと感じる」


2008年春入社の採用計画は?

「08年春の採用は技術系は前年と同じくらいになるだろう。採用を控えていた事務系も復活を検討している。オープンセミナーや学校訪問の数をさらに増やす」


キャノンや富士フイルムに比べ、採用活動でのコニカミノルタの優位性はどこにあるのか?

「学生が併願するのは同業精密と電機メーカーが多いが、今年は電機が顕著だった。経営規模で魅力を出すのではなく、先輩や採用担当者と会ってもらい、社風を感じ取って『この会社なら何かやれる』と思ってもらうことが大切だ。他者と比べて、生き生きとした会社だと信じており、これを理解してもらいたい」


聞き手のまとめ

@変革し続ける姿勢を持ち、積極発言ができる人が判断基準
A専門性を持つ人材の中途採用にも力を注ぐ
Bオープンセミナーで社員と直接話してもらう機会を増やす



のっぽコメント

最後の質問は興味深いですね。事務系も採用を復活しそうだということですから、文系学生は期待できますね。

注目しておきましょう!!
posted by のっぽさん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO49:争奪’コニカミノルタホールディングス1

1月にカメラ、フィルム事業からの撤退を発表した。採用活動への影響は?

「デジタルカメラに携わりたい希望者がいなくなるから応募が減るかも知れないと懸念した。その分、学校訪問の回数を増やすなど努力した。影響は最小限に抑えた


事業領域が変わったが、求める人材は?

「事務機や光学部材を中心とする新しい会社になり、その裏返しとして今まで以上に変革、変化に耐える人材が必要。若い人にもチャンスがある会社だ。会社も事業も成長させながら自分の夢も実現させようというクリエーティブ(創造的)な人材、過去の成功体験や慣習にとらわれず、自ら変革し続ける人に来てほしい」


のっぽコメント

カメラ・フィルム事業からの撤退は驚きましたし、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。

しかし、採用はそれなりの人員を確保している。思い出すのが同業他社で富士フィルムも一時期トーンダウンしていたが、それでも学生人気企業ランキングでは上位にきていた。

こうした背景には何があるのだろうか?

変革期だからこそ若手が頑張れる場があると踏むんだろうか?

posted by のっぽさん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。